HOME>コラム>独り身でも手頃な価格で利用できる引越し業者が続々誕生

独り身でも手頃な価格で利用できる引越し業者が続々誕生

ダンボール

単身パックで安くなる

3月は進学や就職で東京に引っ越しする人が増える時期で、3月は引越し繁忙期になり一年の中で最も引越し料金が高くなる時期です。しかし進学や就職の場合には引っ越しできる時期が限られており特に東京への引越しする際には引っ越しプランに気を付けるといいでしょう。一人暮らしの場合には単身パックを利用することで料金を安くすることができ、単身パックとは滑車付のコンテナボックスに荷物を積み込み、他の人のコンテナボックスと混載して運びます。コンテナボックスに荷物が収まれば追加料金の発生もなく訪問見積もりも不要ですが、段ボール等の無料提供や回収がなく、運べる荷物のサイズが限られてしまいます。また引越し業者によって料金も違いため、複数の業者から見積もりを取る必要があります。

作業員

単身パックの全国平均

3月に東京に引っ越しする場合には通常よりも引っ越し料金が高くなりますが、荷物の少ない一人暮らしの引越しなら単身パックを利用することで料金を安く抑えることができます。荷物の量や移動する距離によって引越し料金は異なりますが、2〜4月の繁忙期で荷物小の単身パックの全国平均は4万9千円、荷物大の全国平均は6万8千円になっています。これに対して繁忙期以外の相場は荷物小の全国平均は4万1千円、荷物大の全国平均は5万4千円とかなり安く引越しすることができます。また引越し料金は業者によって異なるため、複数の業者から見積もりを取り、料金やサービス内容を比較するするといいでしょう。その際には必要事項を入力するだけで複数の引越し業者に見積もり依頼ができる便利なサイトもあります。安く東京に引っ越しする場合には繁忙期を避けて、複数の業者から見積もりを取ることで安く行うことができます。

広告募集中